初めて恋をした日に読む話 主題歌・挿入歌は?あらすじやキャストも気になる!

出典 火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』

2019年1月からスタートするTBS火曜ドラマ

『初めて恋をした日に読む話』

主演は深田恭子さんで、タイプの違う3人のイケメンと恋をするラブコメディです!

今回はドラマ『初めて恋をした日に読む話』の主題歌、挿入歌についてまとめてみました!

早速みていきましょう!

スポンサードリンク

『初めて恋をした日に読む話』のあらすじは?

出典 集英社 Cookie

原作は、集英社の少女まんが誌「Cookie」で連載されている、持田あきさんによる漫画『初めて恋をした日に読む話』。
恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、タイプの違う3人の男性からアプローチされるラブコメディです。

あらすじ

恋も受験も就職も失敗した32歳のアラサー女子・春見順子(深田恭子)は、やる気も希望も何もなくクビ寸前な三流予備校で講師をする日々を送っていた。そんな彼女のもとに突然、おバカ学校のピンクの髪をしたイケメン不良高校生・由利匡平(横浜流星)が「俺を東大に入れてくんない?」とやって来て――!? 名前を書けば入れるおバカ高校の生徒が東大合格なんて…ましてや東大受験に失敗した順子が人を東大に合格させるなんて…絶対に無理! そんな中、東大出のエリート商社マンで幼馴染の従兄弟・八雲雅志(永山絢斗)が海外赴任から帰ってくるなり、順子に突然のプロポーズ!? さらに匡平の高校の担任教師が、順子と同級生でかつて唯一順子に告白をしてきてくれた山下一真(中村倫也)で…。

スポンサードリンク

『初めて恋をした日に読む話』のキャストは?

春見順子(はるみ じゅんこ) ・・深田恭子
4流の予備校に勤める塾講師。中学・高校時代は優等生であったが、大人になってからは大学受験や就職試験、そして婚活など人生の岐路で失敗し続けている。そんな中、タイプの違う3人の男性と出会うことで人生のリベンジを図ろうとする。

八雲雅志(やぐも まさし)・・ 永山絢斗
順子の従兄弟。クールでエリートな雰囲気を持つ、いわゆる「出来る男」。

由利匡平(ゆり きょうへい)・・ 横浜流星
超がつくほどの低レベルな高校に通う不良高校生。順子に東京大学に合格できるように指導してほしいと申し出る。

山下一真(やました かずま)・・中村倫也
匡平が通う高校の教師であり、匡平のクラス担任を務める。順子、雅志とは同級生。

スポンサードリンク

『初めて恋をした日に読む話』の主題歌・挿入歌は?

主題歌・挿入歌については現時点では公表されていません。

詳細が分かり次第追記していきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする