朝ドラ『スカーレット』原作やモデルは?あらすじやキャストも気になる!

出典 NHK/ドラマ

2019年秋放送のNHK連続テレビ小説の作品が

12月3日に発表になりましたね!

作品名は『スカーレット』

ヒロインは女優の戸田恵梨香さんです!

朝ドラのヒロインは無名の女優さんがやるイメージですが、

最近では安藤サクラさんや広瀬すずさんなど

既に活躍されている女優さんがやられることが多いですね。

今回は朝ドラ『スカーレット』の原作やモデル、あらすじやキャストについて調べてまとめました!

早速みていきましょう!

戸田恵梨香さんが現在出演しているドラマ『大恋愛』の関連記事はコチラ↓

大恋愛〜僕を忘れる君と 主題歌/挿入歌/あらすじまとめ!

大恋愛 居酒屋の店長・女性店員を演じているのは誰?

スポンサードリンク

2019年秋朝ドラ スカーレットの原作は?

朝ドラ101作目のタイトルは『スカーレット』

焼き物の里である滋賀県甲賀市信楽が舞台

昭和の高度経済成長期を懸命に生きる女性陶芸家を描く作品です!

タイトルの『スカーレット』の意味は、緋色(ひいろ)

伝統的に炎の色とされ、黄色味のある鮮やかな赤のことです。

緋色は火に通じ、陶芸作品に表れる理想の色のひとつであるとされています。

熱く燃えるような、情熱的な人生を表しているようです!

ドラマ『スカーレット』の原作について調べてみましたが、

残念ながら詳細な情報はありませんでした。

おそらく脚本家の水橋文美江(みずはしふみえ)さんによる

オリジナルストーリーだと思われます!

スポンサードリンク

ヒロイン 川原喜美子(かわはらきみこ)のモデルは?

『スカーレット』のヒロインを演じるのは戸田恵梨香さん!

演じるのは焼き物の里・信楽(しがらき)の女性陶芸家、

川原喜美子(かわはらきみこ)です!

モノを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげず懸命に生きる女性です!

この川原喜美子は実在する人物なのか、

そしてモデルはいるのでしょうか。

調べてみたところ、実在しない方でモデルはいないようです。

ですが、女性陶芸家の神山清子(こうやまきよこ)さんを大きく参考にしているそうです。

この作品を手掛けるにあたりプロシューサーらが何度も神山さんを取材したそうです。

取材を重ねるなかで、

この作品のヒロインは戸田恵梨香さんがいい!

と感じるようになり、今回さんにオファーしたそうです!

スポンサードリンク

スカーレットあらすじは?

【物語】
戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。名前は川原喜美子。両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。
15歳に成長した喜美子は、大阪で就職するが、数年で信楽に戻ることに。地元の信楽焼に惹かれ、男性ばかりの陶芸界に飛び込む。陶芸家・川原喜美子を目指して奮闘する毎日が始まる。
そんな彼女を支えるのは、志を同じくする青年陶芸家。恋に落ち、理想のクリエイター夫婦を目指して結ばれる二人。だが、結婚生活は喜美子の思惑どおりにはいかない。最愛の息子は陶芸の跡継ぎとなるも、やがて別離が。喜美子の人生は波乱万丈だが、その中で陶芸への情熱は変わらず、自らの窯を開き、独自の信楽焼を見いだす。
陶芸家として独立したものの、貧乏は相変わらず。だが、困った人を見捨てておけない彼女を、頼る者は後を絶たない。なかでも、喜美子の陶芸そして人柄に惹かれて集まった若者たちを、我が子同様に愛し、見守り、育てていく。
彼女がつらい状況にあるときに支えるのは、かつて助けた人たち。喜美子は陶芸の道に再び希望を見いだし、新たに絆を結んだ人たちとともに歩んでいく。

出典 NHK/ドラマ

スポンサードリンク

スカーレットのキャスト(出演者)は?

川原貴美子(かわはらきみこ)・・戸田恵梨香

1937年/昭和12年 大阪生まれ。三人姉妹の長女。
9歳で滋賀県・信楽に移り住み、幼いころから一家を支える働き者の女の子。
地元の信楽焼にふれて育ち、やがて男性ばかりの陶芸の世界で、女流陶芸家の草分けとして歩みはじめる。
同業の夫と結婚ののち、自らの窯を持ち、独自の信楽焼を生み出そうと奮闘する。また、二児の母となる一方で、愛情をこめて多くの弟子を育てていく。
陶芸にかける情熱は誰にも負けない。
細かいことにこだわらない、お人よしな性格で、周囲に頼られる。特技は絵と柔道。

戸田恵梨香さん以外のキャストは発表されていないようです。

詳細が分かり次第追記していきます!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする