僕らは奇跡でできている 主題歌・オープニング曲・挿入歌は?ドラマのあらすじや出演者も気になる!

出典 ドラマ『僕らは奇跡でできている』

2018年10月9日(火)夜9時からスタートする、

高橋一生さん主演のドラマ『僕らは奇跡でできている』

今回は『僕らは奇跡でできている』の

主題歌・オープニング曲(OP曲)・挿入歌についてまとめてみました!

早速みていきましょう!

スポンサードリンク

ドラマ『僕らは奇跡でできている』あらすじ

大学で“動物行動学”を教える相河一輝は、大学時代の恩師からの誘いで半年前に講師として大学に赴任したのだが、大好きな動物や生き物に関して没頭してしまう性格であるが故に大学からはお叱りを受けてばかりいる。しかも面倒くさいことは後回しにする癖があり、時間を守ることが大の苦手である。それは講義においても例外ではなく、学生に与えた課題について発表させるものの、一輝はその課題に対する正解について曖昧な言動に終始し周囲を惑わせる。しかし、その一方で常識や固定観念に囚われない一輝に接することで、周りの人間は自分たちの価値観の意味を問い直すことになる。

出典 ドラマ『僕らは奇跡でできている』

スポンサードリンク

『僕らは奇跡でできている』主要キャスト・出演者は?

相河一輝(あいかわ かずき)高橋一生
大学で“動物行動学”を教える講師。半年前に赴任したのだが、動物や生き物といった興味のあることに関しては夢中で研究したりする一方で、不得意なことに関しては後回しにしてしまう悪い癖があり、時間を守ることが大の苦手である。人の話すらまともに聞くことができないばかりか、失言も多く、周りを惑わせてしまう。

水本育実(みずもと いくみ)榮倉奈々
歯科クリニックの院長であり一輝の担当歯科医。容姿端麗で誰もが羨む才色兼備の持ち主ではあるが、性格が生真面目であるが故に正論を言い放つことも多く、周りからは冷ややかな目で見られがちである。中々時間を守らず、人の話をまともに聞こうとしない一輝に苛立ちを覚えるが、一輝の偏見や常識に囚われない姿を見て、自分が抱く価値観に少しずつ違和感を持ち始める。

樫野木 聡(かしのき さとし)要潤
一輝と同じ大学に勤務する准教授。極度な上昇志向の持ち主で、教授の座を狙って論文作成に勤しんでは教授である鮫島瞬に媚びを売っている。従って、鮫島の誘いで大学講師となった一輝を快く思っていない。しかし、常にマイペースな性格である一輝に最も振り回されてしまうという損な役回りを買ってしまう。

スポンサードリンク

『僕らは奇跡でできている』主題歌は?

『僕らは奇跡でできている』の主題歌は、

SUPER BEAVER(スーパービーバー)の「予感」です!

2005年に高校の先輩・後輩の4人で結成されたロックバンド SUPER BEAVER。

新曲の「予感」は『僕らは奇跡でできている』のために書き下ろされた曲で、

自分の感性に素直に従い生きていこう!

という強いメッセージが込められています。

スポンサードリンク

『僕らは奇跡でできている』オープニング曲は?

『僕らは奇跡でできている』の主題歌は、

Shiggy Jr.(シギージュニア)の『ピュアなソルジャー』です!

2012年に結成されたバンド Shiggy Jr.。

新曲の『ピュアなソルジャー』も、『僕らは奇跡でできている』のために書き下ろされた曲です(^^)

みんなの心をハッピーにしたい!

という思いが込められています。

スポンサードリンク

『僕らは奇跡でできている』挿入曲は?

挿入曲は残念ながら分かりませんでした。

詳細が分かり次第追記していきます!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする