相棒最終回 ディープフェイク(AI合成動画)は実在する?最先端の映像技術が凄い!

2020年3月18日放送のドラマ『相棒18』

最終回に登場したディープフェイク(AI合成動画)

AIが自動的に合成動画を作り出すという映像技術ディープフェイク

この最新の映像技術にはモデルがあって実在するんでしょうか!

個人的にも気になったので調べてみました。

早速見ていきましょう!

スポンサードリンク

相棒18 最終回あらすじ

出典 相棒season18|テレビ朝日

 亘(反町隆史)は、最近、右京(水谷豊)の推理力が衰えているのではないかと、角田(山西惇)にこぼしていた。軟禁された天礼島の事件(2019年10月9日放送「アレスの進撃」)や、重大な見落としをして「僕としたことが!」と嘆いたテロ未遂事件(2019年12月4日放送「檻の中」)などをあげつらいスランプを危惧するが、右京自身は、どこ吹く風で…。

そんな中、元東亜ダイナミクス社長の桂川(村上新悟)が、自宅寝室で殺害される事件が発生。背中から刺された傷が死因だったが、なぜかスマホの音声認識アプリが立ち上げられていて、『99』という謎の数字が残されていた。さらに、現場のパソコンから発見された、桂川と女性の“ベッド動画”が波紋を呼ぶ。問題の女性は、顔認証から内閣情報調査室の柾庸子(遠山景織子)と判明したものの、政府直轄組織の人間ということで、警察としても配慮せざるをえなかった。

事件に興味を持った右京と亘は、現場となった桂川のマンションを訪れるが、そこには青木(浅利陽介)の姿が。上層部から“特命係一派”とみなされ、捜査から外されたことに反発して、協力を思い立ったらしい。右京は、青木から得た情報や現場の状況から、問題の映像にある疑問を抱く。いっぽうその頃、事件と何らかの関係があると思われる内閣官房長官の鶴田(相島一之)は、懇意にしている芸者・小出茉梨(森口瑤子)から悪巧みを指摘され…。

翌日、伊丹(川原和久)たち捜査一課は、桂川をスポンサーとして最新の映像技術を研究していた鬼石美奈代(坂井真紀)という大学の特任教授から話を聞いていた。しかし、飄々とした彼女にはぐらかされるばかりで要領を得ない。そんな中、「週刊フォトス」が桂川と柾庸子のあるスクープ映像を入手。監察官の大河内(神保悟志)の指示で特命係がその動画の押収をすることとなり…。

スポンサードリンク

ディープフェイクは実在する?モデルは?

相棒18の最終回に登場するディープフェイクは実在するのでしょうか。

調べてみたところ、すでに存在していました!

2018年に公開されたコチラの動画が世界中で話題になりました!

バラク・オバマ前大統領に見えますが、AIによってつくられたフェイク動画です!

20秒を過ぎたあたりで、「トランプ大統領は救いようのないマヌケだ(President Trump is a complete and total dipshit)」と発言しているが、しばらくすると画面が二分割されて俳優兼監督のジョーダン・ピールが現れ、これがフェイク動画であることが分かります。

動画の操作や偽造は、つい最近まで難しいことだったようですが、技術の進歩で急速に発達してきたようです!

テレビなどメディアでも紹介されていました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする