【3年A組~】ドラマ原作やあらすじは?出演者(キャスト)主題歌も気になる!

2019年1月6日(日)からスタートする、

日本テレビドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です』

主演は菅田将暉さん、ヒロインは永野芽郁さんです!

今回は、ドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です』の原作やあらすじ、出演者(キャスト)、主題歌についてまとめました。

早速みていきましょう!

スポンサードリンク

【3年A組 -今から皆さんは、人質です】原作は?

出典 3年A組 -今から皆さんは、人質です

ドラマ『3年A組ー今から皆さんは人質です』の原作について調べてみましたが、

原作はありませんでした。

ドラマ脚本家武藤 将吾(むとう しょうご)さんが手がけるオリジナルストーリーです!

ちなみに、武藤将吾さんの主な脚本作品は、

・ドラマ
電車男(2005)
花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜(2007)
家族ゲーム(2013)

・映画
クローズZERO(2007)
クローズZEROⅡ(2009)
テルマエ・ロマエ(2012年)

スポンサードリンク

【3年A組 -今から皆さんは、人質です】あらすじは?

卒業を10日後に控える高校3年生29名を人質に取った美術教師・柊一颯(ひいらぎいぶき)(演:菅田将暉)の“最後の授業”を描く学園ミステリーです。

あらすじ

卒業まで残り10日となるなか、担任の柊一颯は3年A組29人全員を集めて、突然こう告げた。

「今から皆さんは、……僕の人質です」

爆発音が鳴り響き、騒然となる生徒たちを柊は教室内に閉じ込める。

彼の最後の授業とは数ヶ月前に自ら命を落とした『ある一人の生徒の死の真相』について。遺書もなく、何かを告げることもなく、突然この世を去ったかつての学園のスター生徒。この真実を知るまで誰も卒業はできない。29人の生徒は自らふたをし、目を背けていたその『真実』と向き合うことになる。

学園モノのミステリーのようですが、湊かなえさんの『告白』っぽい雰囲気の作品なんでしょうか。

個人的には、貴志祐介さんの『悪の教典』のような、サイコホラー的な展開を期待していますが(^ ^)

スポンサードリンク

【3年A組 -今から皆さんは、人質です】キャスト・出演者は?

出典 3年A組 -今から皆さんは、人質です

柊一颯(ひいらぎ いぶき)- 菅田将暉
3年A組の担任で2年前に赴任してきた美術教師。目立たない存在だったが、卒業10日前に突然クラス全員を人質にとり立てこもる。目的はいっさい不明である。

茅野さくら(かやの さくら) – 永野芽郁
 ある事件を機に心を閉ざしてしまった女子生徒。本心を隠し、常に空気を読んで行動する。高校生活『満足度0%』の学級委員。

3年A組全30人のキャストが発表!

その中には、人気女優の川栄李奈さんや、

「義母と娘のブルース」の娘役で話題になった上白石萌歌さん、

「花のち晴れ」C5を演じた今田美桜さん、鈴木仁さんが出演!

かなり豪華なメンバーが出演されることで話題になっています(^ ^)


スポンサードリンク

【3年A組 -今から皆さんは、人質です】主題歌は?

ドラマの主題歌について調べてみましたが、

残念ながら公表されていませんでした。

詳細がわかり次第追記していきます!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする